2019年 3月 の投稿一覧

注文住宅を建てた時に夫婦別室を造り後悔。

私達は4人家族です。家の比較的近所に私の実家がありまして、両親も頻繁に遊びに来ています。
私達家族が注文住宅にした理由の中には、子育てをのびのびとしたいと言う目的が第一で、戸建ての家を選択しました。

家を建てる時に、将来的になことを考えて、子供部屋に夫婦別室を造り、両親が泊まれる小さな個室も造りました。
各部屋とても狭く、個室になっていますが、後から思うと、わざわざ夫婦別室にする必要は無かったかな?と少し後悔しました。

夫婦別室を持つと、食事が済むと早々、夫は自分の部屋にこもるので、家を建てる前に以上に夫婦の会話は減ると言う感じになりました。
また、私の部屋はとても狭いので、ベットを置けないので、夫婦が同室で、寝室は広く取り、大きな良いベットを置いて、ゆっくりと就寝できるようにすれば良かったと何度も思いました。
部屋が狭いと、インテリアにも構えませんし、布団を敷くといっぱいいっぱいという感じで、息が詰まる事もあります。
個別の部屋を持ちたいと言う気持ちを優先しすぎて、少々後悔です。

注文住宅の諸費用いろいろ。で、結局いくらいるの?

もっと考えるべきだった注文住宅の間取り

ずっと賃貸住宅暮らしでしたが、ようやく夢の一戸建てに住むことができました。これ自体は本当に満足ですが、間取りについては少し後悔しています。後悔している間取りとは、トイレの設置場所です。とある大手メーカーに依頼し、注文住宅で建てました。注文住宅なので自由な間取りで建てられそうですが、あまり予算をかけられないのでメーカーに間取りをほぼ任せる形の注文方法でした。図面を見せてもらいましたが、1階のトイレがお風呂の脱衣所と繋がっていたんです。これだと誰かがお風呂を使っている際に、1階のトイレに入りづらくなってしまいます。裸の人と鉢合わせになる恐れがあるからです。図面を見たときには不安になったものの、2階にもトイレがあることから、お風呂を使っているときはそっちを使えば良いと家族全員で何となく納得してしまったんです。そのまま注文住宅を建てたものの、意外にも不自由なく暮らしている状態ですが、お風呂を使っているという理由だけでわざわざ2階まで行ってトイレを使うのはやや面倒に感じます。

注文住宅でシューズクロークを小さくして…

注文住宅での失敗は、シューズクロークを小さくしてしまったことです。しかしそれでも、天井まで伸びるシューズクロークはたっぷり収納だと言えるでしょう。けれど、まだまだ下駄箱は足りていませんよ。なぜなら今では我が家に子供が二人いますから。

注文住宅でマイホームを作っている時は、玄関も下駄箱も小さくて良いと思っていたんです。なぜなら、子供がまだいなかったから。ですから「子供のいる生活」がどんなものなのかわからなかったからです。ですからシューズクロークも必要最低で小さめのものがいいと思ったのです。

しかし子供がいますと、靴って増えていくんです。雨の日は長靴、晴れの日はスニーカー、学校用の上履きもスニーカー、それに冬の寒い時期はスノーブーツといったように。子供は学校まで歩きますから靴はとても重要です。

だからこそ、大きめのシューズクロークがあればいいと今とても強く思っているんです。なぜに設計図の段階では下駄箱を小さくしてしまったのか、それは後悔しています。

注文住宅を建てたのに失敗したこと。

私はもう10年ぐらい前のことですが、ようやく結婚することになり注文住宅により新築一戸建てを建てたのです。最初に新婚生活を始めた頃には全く問題は無かったのですが、子供が出来た頃から少しずつ問題が起きました。それは思ったより物置きの場所が足りなかったことでした。私達は勿論、結婚する際に子供ありきの予定で家を購入したのですが、勿論全てがはじめてのこともあって、未知数なことだらけでした。しかし、やはりここになって問題が起きてきたのでした。とにかく、私達が想像していた以上に子供には色々と必要なことばかりがあって、その物を収納するスペースが足りなくなったのでした。一人ならまだしも私達には二人子供がいるのですが全然足りませんでした。本当に他の子供のいるご家庭はどうされているのかと相談したことがあるぐらいです。ですので、注文住宅する際にもっと勉強しておけば良かったと後悔したりもしています。今では何とか収納出来るようにはしましたが、見映えがよくありませんが。

注文住宅は設備自由に選べるのに失敗

「ちょっと失敗したなー」と思う注文住宅で建てたマイホームですよ、うちは。地味なところかも知れませんが、お風呂に窓をつけてしまったことが失敗です。なぜかと言えば、日焼けがひどいからなんですよね。

バスルームを作る方角にもよるところが大きかったと思います。わが家は南側にバスルームを作ってしまい、さらにはトイレのひとつも南側にあるのです。そしてトイレには窓もあります。ですからまあ、窓から入る日光によって、設備のプラスチック部分が日焼けしていくのですよね。

プラスチックの日焼けって、黄色くってなんだかもなにも汚いのです。黄ばんでいる状態ですから、見た目が美しくないのですよね。バスルームはプラスチック製の部分が多くて、日焼けをしてしまっていますね。

新築当初は、オフホワイトの設備の色だったのですが、今ではクリーム色ぐらいになっています。キレイなクリーム色だったら良かったんですけどね。でも、黄ばんでいる色味なわけですから嫌なんです。注文住宅で建てたんですから、日当たりのいい場所の設備の色はもっと考えて選べば良かったと思います。もとい、トイレも風呂場も窓は要らなかったかも。

注文住宅の設計図に時間かかり完成が遅れる

わが家は注文住宅で建てています。注文住宅のマイホームは多くの人からの憧れです。私にしても長年「マイホームを建てるのなら絶対に注文住宅がいい!」と思い続けてきました。

ですからマイホームを注文住宅で建てることとなった時は喜びましたよ。ものすごく喜んだわけです。でも、注文住宅ということで、同時にプレッシャーでもありました。だって私はその思い強かったわけですから。そして失敗をしてしまうのです。

長年夢見てきたマイホームが進んだことにより、有り余る情熱が強くて、そして竣工時期を遅くしてしまいましたね。設計図の見直しが多すぎて。「設計士さんからいただいた設計図をもとに、自分で考えて希望を伝える」という作業に数年もかかってしまったのです。

そして結果、注文住宅の完成が私が脳内で予定していた時期よりも大分遅いという。工事に入れば早いのですが、設計図を作るまでが長かったのです。ですから、注文住宅における失敗と言えば、ここですね。

新築住宅て、後悔したこと

新築住宅を建ててから、後悔したことはたくさんありました。
決めた時にはそれが良いと思っていましたが、今思うと違ったなと感じることがたたあります。
まず一番後悔していることは、外壁です。
汚れても、あまり目立たないかなと思いグレーにしました。
白色だと汚れが目立つと思ったのです。
いろんな家の外壁を見て、年数が経つと白色が変色しているのが気になりました。
なので少しグレーがかっている方が汚れが目立たないかなと思い決めました。
しかし、家が建って見たときにやっぱり白色の外壁にすれば良かったと思ったのです。
全体的にグレーだと何だか暗く見えてしまって。
なんか違うなと思いました。
もうひとつは、扉です。
大体が引き戸でした。
設計上もあるのですが、変更もできなくもなかったのに引き戸のままにしました。
別にいいかなと軽く考えていました。
でも、引き戸だとよくロックがかかり不便です。
急に閉まらないようにロックがかかるようになっているのですが、よくロックがかかるとめんどくさくて、しょうがないのです。
安全のためなのですが、普通のドアが良かったなと後悔しました。

自由設計の新築一戸建てでの失敗

私は以前、東向きで朝日の入るとても明るい分譲マンションに住んでいました。
しかし、大規模マンションなので出入りが激しく間取りも狭かった為、思い切って新築一戸建てを購入!建売ではなく自由設計だったのにも惹かれ朝、昼、晩と何度もその土地を見に行っては”どんなふうに陽が当たるのか”どのぐらい隣家とのスペースがあるのか”など色々考え、街のハウスメーカーさんとも打ち合わせをたくさんしました。
私は自ら間取り図(設計図のようなもの)を書いたり、壁紙や他のこだわりも全て伝え、イメージをそのまま家に反映してもらいました。
がしかし!実際に住んでみると、部屋が暗いのです。とにかく陽が入りません。西向きの家だったので窓の位置も工夫したはずなのですが見事に少しズレていてとにかく暗いのです。大手の注文住宅業者なら日当たりについてもっと助言して頂けたのかもしれないですが街のハウスメーカー、しかも安い狭小住宅ではそこまで助言もして頂けず。
もちろん私の言う通りの設計にはなっているのですが何だかモヤモヤが残る結果となりました。
早くリフォームする為に貯金を頑張るしか道はありません。いつかリフォームをしたら吹き抜け&天窓で明るい我が家にしたいと願うばかりです。

注文住宅で玄関を小さめにして後悔

注文住宅で建てて玄関を小さくして失敗しました。大きな荷物の出し入れに頭を使って工夫する必要が発生します。それに、子供のお客さんが来た時も、狭い玄関ですと大渋滞となってしまいます。また、玄関土間は靴だらけになってしまうのですよね。

注文住宅だから玄関の大きさも自由自在なのです。でも、玄関を小さくしてしまったことは私の失敗でしたね。夫も反対しなかったわけですが。でも、玄関は大きい方がいいと、今の家で生活をするにつれて、ものすごく思っているわけです。

なぜ小さめの玄関にしたのかというと、一戸建てマイホームを建てる以前に住んでいたのがアパートだからです。アパートの玄関は小さいのです。それにわが家は夫婦ともにインドアで友達を招いたりしないので、玄関は小さめで良いと思ったのです。

けれども子供が育った今、玄関はもう少し大きくすれば良かったーと思いますよ。靴でごった返す玄関土間では落ち着いて靴も履けないでしょう。それに傘や掃除アイテムも置けないですからね。スペースがなくて。玄関にある程度の大きさは必要です。

注文住宅の間取りの決め方で後悔したこと

家族で安心して暮らせるようにするために奮発して注文住宅を建てることにしましたが、実際には間取りの決め方が間違えるなど失敗してしまいました。失敗した箇所は図面で見て安心して暮らせると考えて完成するとスペースに余裕がなく、きちんと交渉して要望を伝えるべきでした。部屋は土地の価格が高くてどうしても狭くなってしまいがちで、タンスや家電製品などを置くスペースを十分に取れないなど困りました。

注文住宅の間取りは限られたスペースを有効活用しないといけませんが、建設中にきちんと現場を見て確かめないと期待通りとはならないようです。物件は2階建てのため階段を使いにくいことや、段差も以前の家と大きく違うためもっと確認しておくべきだったと後悔しました。間取りは家族が納得できるようにしないといけませんが、スペースが限られると犠牲にしないといけない場所もあるため困るものです。このように、注文住宅を建てる時は間取りの決め方が一番難しく、モデルルームなどでもイメージしにくく後悔しました。