2019年 4月 の投稿一覧

注文住宅選びで後悔した思い出

家族で安心して暮らせるようにするために注文住宅を選びましたが、結局はローンの返済金額が増えすぎたという感じがしました。注文住宅は業者と打ち合わせをするために時間がかかり、タイミングが悪いと土地の価格が値上がりするため難しいものです。注文住宅は新築で要望に合わせて間取りやデザインを決め、オリジナルのものにできるため夢にも思うほどあこがれます。しかし、たやすいものではなく失敗するとかかる費用に見合う効果が出ないもので、実際に住んでみると設備にトラブルが起きて出費が増えただけでした。

注文住宅を建てる時は業者や不動産会社など多くの関係者がいますが、きちんと情報のやり取りができないと不安になります。家は人生で一番高い買い物のためこの先の人生を見据えて選ぶ必要があり、十分に打ち合わせができなかったことや情報を仕入れなかったことに後悔しています。しかし、注文住宅にして良かったことは生活の拠点として快適に住みやすく、愛着を持てるようになったことです。

注文住宅で収納を増やしすぎて後悔、掃除が大変

注文住宅で建てても、失敗を感じることはあります。わが家の場合は、無駄な収納スペースですよ。注文住宅で建てたからこそ、収納をたくさんじゃんじゃんつくれるぞーと、張り切って収納をたくさん作ってもらいました。

しかし、収納をあらゆるところに作りすぎてしまったと感じています。いや、扉付きの収納スペースはべつにいいんですよ。使っていない収納があっても、さして問題ではないのです。けれども問題は、棚板だけの収納部分ですよ。この棚板に埃がのっかっているんですよね。そこが私の中では問題なんです。

例えば、トイレには棚板の収納スペースがあるんですが、はっきり言って使っていません。棚板の位置が高いので、そこにトイレットペーパーを置くと使い勝手が悪いんです。台に乗らないと届かないので。それに扉付きの収納もトイレにはあるので、棚板収納使わないのですよね。

他にも、テレビ周りや廊下にも棚板収納があるのですが、使っていませんねー。しかし埃はのっかるので掃除は必須ということで。ここが後悔ポイントですね。

注文住宅を建てるタイミングで後悔したこと

注文住宅は建てるタイミングによってかかる費用が大きく変わるもので、自己資金を準備しないとローンの金利が高くて返済期間が非常に長くなりました。家は常に価格が変動しタイミングが悪いと予想以上に高くなることもあり、購入してしばらくすると同じエリアにある土地の価格が安くなって後悔したものです。坪単価は不動産情報を分析すると場所ごとの情報が分かりますが、周辺の発展状況などで大きく変わるため難しくなります。

注文住宅は物件の素材など価格が大きく変わりやすく、輸入品になると為替レートなどで変動します。基本的に複数の依頼先の見積もりの内容を確認すると大きく違うもので、きちんと確かめてから選ばないと期待はずれになることも多いです。物件を購入するタイミングは焦ると失敗しやすく、遅くなるとローンの返済が難しくなるなど板挟みにあったような感じになりました。結局は家を建てて快適に住みやすくなりましたが、維持費やローンの返済の負担が増えて困っています。

注文住宅の土地選びで苦労したこと

家族で住むために注文住宅を選ぶことにしましたが、土地の価格や周辺の環境を確かめて決めないと後悔すると思い知らされてしまいました。坪単価は主要駅の近くや幹線道路沿いになると割高になり、少しでも安くなるように少し離れた場所を選んだものです。周辺は大型商業施設や公共施設などがなく、車がないと生活に厳しい状況でした。自宅に車を置く時は駐車場を別に借りるか中に入れるか考えないといけませんが、長い目で見ると車庫を作って保管することを決めました。

注文住宅は坪単価が高くなくても車庫を確保するとスペースが広くなり、予想よりもかかる費用が増えてしまいました。自宅の内部はスペースに余裕がないため間取りの決め方が難しく、設計担当者と打ち合わせを重ねて完成が楽しみでしたが天井が低かったことが誤算でした。土地を選ぶ時はただ単に坪単価を安くすることだけでなく、周辺の環境や確保できるスペースの配分を把握すべきだと後悔しています。

注文住宅だからこそ?外構で手を抜いた

注文住宅を建てたのに「ちょっと失敗したなー」のひとつは、明らかに「外構の手抜き」ですね。いや、私たちの注文住宅を建てた工務店が手抜き工事をしたわけではないのですよ。そうではなくて、私たち夫婦が、外構に力を入れなかったということです。工務店さんはあくまで設計図に従って、ちゃんとした良い仕事をしてくれています。

私たち夫婦は、注文住宅ということもあって、外構にお金をかけなかったのですよね。注文住宅は自分たちの好きなように設計をしていけるじゃないですか。住宅設備にしても好きなものを入れられますし。どこに力を入れるのかといったことも、注文住宅ですから自分たちで決められます。

そしてだからこそ、私たちは外構で手を抜いてしまったのですよね。外構は後から自分たちでDIYしてなんとかすればいいやーと考えていたのです。まずは家の中を充実させたかったものですし。お金をかけるのでしたら家の中です。

けれど結局、何もしていませんねで。一戸建てマイホームを新築してから数年が経ちますが、外構は触らずじまいです。新築時にもっと手をかけておけば良かったーと、後悔しています。

新築住宅で部屋の広さを妥協して後悔

我が家は、一戸建ての新築住宅を建てました。家づくりをしたいという希望があったため注文住宅を建てる事が可能なハウスメーカーを選び決めました。家づくりの中で特にこだわっていたのがリビングスペースの広さです。リビングは、家族が最も長い時間一緒に暮らすスペースとなります。そのため可能な限りリビングを広く作りゆったりとした環境作りをしたいと考えていました。実際に家づくりがスタートすると外構や間取りの関係で希望していたリビングの広さから少し狭くなってしまいました。この段階でリビングスペースの広さが狭くなる事を妥協してしまいました。家が完成して家具や家電、生活用品などを搬入して部屋の中に設置すると更にリビングスペースが狭くなってしまいこの時にもっとこだわって広さを確保しておけば良かったと痛感しました。子育てをしている事もありやはり広いスペースは快適に暮らせます。こだわりたい箇所は後から後悔しても遅いため妥協せずに希望を織り込む事が大切です。

注文住宅の土地選びで後悔したこと

注文住宅はやはり土地選びが重要なポイントですが、実際に住んでみると不便な場所だったりもします。地価は幹線道路沿いや主要駅の近くなどは坪単価が高いですが、安くするために離れた場所を選びました。予想外な点といえば買い物やお出かけなどに不便で、自宅に車庫を確保しないといけないため家の面積が狭くなったことです。土地の価格は安いと訳ありのこともありますが、地震があって揺れが酷くて不安になりました。

土地選びは安さだけで選ぶと何かと後悔するもので、きちんと建てる前に入念な調査をすべきだったと思っています。注文住宅は土地まで確保するとなれば住宅ローン以外にもつなぎ融資などが必要で、自己資金を十分に準備せずに購入してしまいもう少し待てば良かったと実感しました。土地は時期によって価格が変動するため、あとになって良い場所が安く手に入ったということもあるものです。土地選びに失敗すると今後の生活に影響を及ぼすため、焦って決めたことを反省しています。

子供いないのに子供部屋を注文住宅で作って

注文住宅を建てたのに「ちょっと失敗したなー」の、実はちょっとどころではないかも知れません。わが家のマイホームの失敗ポイントは、「使っていない部屋がある」ことです。

なぜ、注文住宅で建てたにも関わらず、使っていない部屋ができてしまったのかと言いますと、それは子供の数が増えなかったからです。明るくポジティブに言いますけれど、要するにまあ「子供部屋を作ったのに、その子供部屋を使う子供ができなかった」ということなんですよね。

父親から土地を譲られたりなんやかんやとマイホームを建てることとなったのですが、しかし家族の人数が決まってから、マイホームは建てるべきだなーと思いますよ。うちの場合は、当時若かったということもあり、なんの迷いもなく子供部屋を作っていたんですよね。しかも二部屋も。「子供部屋にも活用できる部屋」ではなくて、明らかに子供部屋なんですよ。

今では物置部屋とゲストルームなっていますが、しかし物置にしては使い勝手もよくない無駄に広い部屋ですし、それにゲストも年に1回くるかこないかですからね。これはもう、注文住宅における失敗点だと言えるでしょう。

注文住宅で選んだ白色フローリングの後悔

注文住宅で建てたのですが、失敗ポイントはあります。「ちょっと失敗したなー」という程度のものではないのかも知れませんが、それはフローリングの色選びです。注文住宅で建てていますから、当然フローリングの色も自分たちで選べるわけです。

私はカフェ風のインテリアが好きで、カフェのような家に憧れていたので、選んだのは白色のフローリングです。新築完成直後は、それはもう「ステキな家」の一言でしたよ。白色をベースにしたマイホームは、とてもとてもお洒落ですっきりとしていましたもん。

けれども、白色フローリングって髪の毛が目立つのですよね。それにうちの旦那が消しゴムをよく使う職業ですから、消しゴムのカスも目立つんですよ…。けれど、私も働いていますし、しょっちゅう掃除をできるわけじゃないんです。そこで白色フローリングに対する後悔ですよ。

もっと汚れが目立たないフローリングの色を選んでおけば良かったなーと心底思います。でも、白色フローリングって傷は目立たないのですけれどね。一長一短です。

注文住宅を建てた中での必要がないと思ったもの。

とにかく広いリビングとベランダとキッチンと洗面所がある家を建てたいという目標があり、それなりに節約などをして、注文住宅を建てるにあたり、努力をしました。その甲斐があって、新築の注文住宅を建てることができました。

家を建てたこと自体は本当に大成功で、家族で一緒に食事をする回数も以前よりもかなり増えた感じています。殆どが理想的な暮らしをできているのですが、今となり、これは必要がなかったのかな?と思う部分も出てきました。

まず、第一に一階のテラスは必要がないと思います。一階はご近所や通行人の目にも触れやすいので、殆ど一階のテラスは使っていませんし、洗濯物も二階のベランダに干しています。特にガーデニングなどもしていないので、一階のベランダは必要がなかったと感じています。そのお金を使い、駐車場に屋根をつければ良かったと思う次第です。

また、家の中の窓の数も耐震面を考慮して、もっと減らしても良かったのかな?と思えます。この二つは建ててみてから分ることだと感じました。