注文住宅を建てるタイミングで後悔したこと

注文住宅は建てるタイミングによってかかる費用が大きく変わるもので、自己資金を準備しないとローンの金利が高くて返済期間が非常に長くなりました。家は常に価格が変動しタイミングが悪いと予想以上に高くなることもあり、購入してしばらくすると同じエリアにある土地の価格が安くなって後悔したものです。坪単価は不動産情報を分析すると場所ごとの情報が分かりますが、周辺の発展状況などで大きく変わるため難しくなります。

注文住宅は物件の素材など価格が大きく変わりやすく、輸入品になると為替レートなどで変動します。基本的に複数の依頼先の見積もりの内容を確認すると大きく違うもので、きちんと確かめてから選ばないと期待はずれになることも多いです。物件を購入するタイミングは焦ると失敗しやすく、遅くなるとローンの返済が難しくなるなど板挟みにあったような感じになりました。結局は家を建てて快適に住みやすくなりましたが、維持費やローンの返済の負担が増えて困っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*