注文住宅選びで後悔した思い出

家族で安心して暮らせるようにするために注文住宅を選びましたが、結局はローンの返済金額が増えすぎたという感じがしました。注文住宅は業者と打ち合わせをするために時間がかかり、タイミングが悪いと土地の価格が値上がりするため難しいものです。注文住宅は新築で要望に合わせて間取りやデザインを決め、オリジナルのものにできるため夢にも思うほどあこがれます。しかし、たやすいものではなく失敗するとかかる費用に見合う効果が出ないもので、実際に住んでみると設備にトラブルが起きて出費が増えただけでした。

注文住宅を建てる時は業者や不動産会社など多くの関係者がいますが、きちんと情報のやり取りができないと不安になります。家は人生で一番高い買い物のためこの先の人生を見据えて選ぶ必要があり、十分に打ち合わせができなかったことや情報を仕入れなかったことに後悔しています。しかし、注文住宅にして良かったことは生活の拠点として快適に住みやすく、愛着を持てるようになったことです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*