未来を想定して一戸建ては建てましょう

一生に一度の買い物だけに、一戸建てを建てる際には未来のことを想定してから建てるべきでしたね。というのも、私には2人の子供がおり、子供のために各々で部屋を用意して一戸建てを建てたのですが、家が完成してから10年もしないうちに空っぽになってしまいました。大学くらいは自宅から通うだろうと思っていたのですが、学部の関係で地方へ行かねばならず、2人とも高校卒業と同時に家を出て行ってしまったのです。結果、2階建てで4部屋用意したうち、2階にある2部屋がもぬけの殻。妻も2階に上がるのが億劫ということでたまに掃除に行くくらいで、普段は無いものとして扱っています。よく言われることですが、子供部屋は本当に短期間しか使いません。今考えれば、何も各々で部屋を用意することも無かったなと後悔しきりです。もしもこれから一戸建てを建てる、もしくは購入されるという方、未来の状況を想定しながら行動をしてくださいね。少なくても、子供はすぐに成長して、すぐに巣立っていきますからね。