注文住宅のローンで失敗しました

住宅ローンは注文住宅の場合は完成して引き渡しが完了しないと利用できないため、それまでに必要な資金が多くつなぎ融資をすることにしました。失敗した要因は十分に資金を準備せずに申し込んだことで、元本を減らせなかったために時間がかかってしまったものです。住宅ローンは銀行に相談すると変動型のほうが固定型よりも利息が少なくなることをアドバイスされ、内容を比較して決めました。

注文住宅のローンで失敗したことは自己資金が少なく、返済比率の関係で利用可能額が少なく金利が高くなってしまったことです。ローンの返済は物件の価格が高くて長くなり、収入の金額も当初の見込みよりも少なくいまだに残高が残っています。住宅ローンの金利は期間が長くなると上がりやすく、少しでも安くなるように元本を減らしておくべきでした。ローンは繰り上げ返済をすると手数料が上がる傾向があり、一筋縄ではいかないことが多く定年退職までに無事に返せるかどうか不安です。