注文住宅建設の手順の決め方で後悔したこと

注文住宅を選んだきっかけは家族で安心して暮らせるようにするためで、建設の手順を決める際に後悔したものです。基本的に建売とは違うため住宅ローンの扱い方や完成するまで分からないこともあり、どのように手順を決めるか迷いました。土地は不動産会社の営業マンと交渉して住みやすい場所を紹介され、あまり内容を比較せずに決めたことが失敗でした。家は土地の面積が狭いと何かしら不便になり、間取りを決めて住みやすくすることが求められます。

注文住宅は建売よりも何かと出費が多く、資金を準備するために苦労しました、つなぎ融資は金利が高くて限度額もさほど多くなく、家が完成して引き渡しを終えるまで時間がかかって初めて住宅ローンができるようになりました。住宅ローンは依頼先の業者からも勧められましたが、知人から自分自身で探さないと後悔すると言われ断ると気まずい雰囲気になったものです。注文住宅はやはり人間関係が悪くなると厳しいもので、きちんと業者を選ばなかったことを後悔しています。

夏涼しく冬暖かい家を作るコツ